増大サプリと育毛剤の上手な活用法 抜け毛を防ぐには

精力増強サプリと抜け毛予防を両立したい
体力の衰えを何とかカバーしながら乗り切った30代が終わり、40代ともなると頑張りがきかなくなったと嘆いている方は多いのではないでしょうか。
私もそんな一人です。
見た目はそれなりに若く(と自分で思ってますが)仕事に趣味に女の子にとリア充してますが、体のメンテナンスは大変です。

 

特に抜け毛と精力の衰えはすさまじいものがあります。
そんな私が増毛と精力増強について思うことをここに綴りたいと思います。

 

というのは、増毛と精力増強って対極にあるからなのです。

 

 

「増毛と精力増強は両立しない?」

 

「こちらを立てればあちらが立たず」という言葉がありますが、まさに増毛と精力増強はその通りなのです。

 

「ハゲはセックスが強い」と言うように、薄毛の男性ほど精力が強いです。
つまり、毛髪を増やしたければ精力増強をあきらめないといけないし、精力増強したければハゲる覚悟を決めなければいけないのです。

 

極論ですが、医学的には本当にそうなのです。
男性ホルモンの一種であるテストステロンの多い人と少ない人をグループ分けし、それぞれについて検査するという臨床試験が行われました。

 

その結果分かったことは、テストステロンの多い人ほど薄毛であることが多く、抜け毛も多い傾向にあったそうです。
テストステロンは性欲、征服欲、攻撃力、体力、気力など男らしさの象徴とする気質をコントロールするホルモンです。
このテストステロンが体内で5a還元酵素という物質と結合することにより、ジヒドロテストステロンという全く別の物質に変身するそうです。
このジヒドロテストステロンという物質は髪の成長が抑制する働きをするので、テストステロンの量が多い人ほど、毛髪の量が少ない、抜け毛が多い、毛髪が増えづらいという結果になるそうなのです。
この悪玉のジヒドロテストステロンは毛髪にとって強いネガティブな作用を持つことから、美容業界では「脱毛ホルモン」とも言われています。

 

このように、精力増強のためにテストステロンを増やしてしまうと、結果的に薄毛になってしまうのです。

 

 

「増毛と精力増強を両立するには」

 

では増毛と精力増強の両立が本当に難しいのかというと、実はそうではありません。
育毛剤やペニス増大サプリメントを利用することによって、お互いを両立することは可能です。
具体的には、ペニス増大サプリメントでテストステロンを増やして精力増強をし、そのテストステロンを減らさないような方法で育毛することがベストなのです。

 

ただし育毛剤によってはフィナステリドやプロペシアという、テストステロンの分泌を抑制する成分が使われていることがありますので注意が必要です。
これでは育毛はできても精力増強できません。

 

 

「どんな育毛剤がおすすめか」

 

育毛剤でおすすめなのは、ノコギリヤシセンブリエキスを使ったものです。
どちらも天然の成分なので安全性が高く、テストステロンの分泌に影響はありません。

 

ノコギリヤシはジヒドロテストステロンの生成を抑える作用があります。
ジヒドロテストステロンはさっき説明したとおり、脱毛ホルモンです。
このホルモンの生成を抑えることができれば、薄毛対策の80%は完了したと言っても差し支えないでしょう。
ジヒドロテストステロンを体から取り除くだけなら医薬品を利用することもできますが、人によっては効きすぎてホルモンバランスを崩すなどの副作用があるそうです。
そういうことからも天然の成分であるノコギリヤシが注目されています。

 

センブリエキスには毛細血管の血流をよくする働きがあります。
毛髪の成長には頭皮に十分な栄養が届かなければいけません。
栄養は血液の流れに乗って供給されます。
頭皮は毛細血管の集合体ですので、毛細血管の循環を良くすることが育毛の絶対的な条件になるのです。

 

また、センブリエキスには毛乳頭の働きを活発にする作用があります。
毛乳頭は毛根の一番奥にあるくぼみのことです。
毛乳頭は毛細血管から栄養分を取り込む働きをします。

 

 

 

40代男性にとって増毛と精力増強はとても重大な課題です。
育毛剤や増大サプリだけに頼らず、正しい食生活、規則正しい生活を心がけるようにしたいですね。